プロフィール

仲上雅子

Masako nakagami

 

 

1978年京都に生れ育ち,小学生で陶芸家を志す

京都市立銅駝美術工芸高等学校 陶芸科卒業。

京都芸術短期大学(現在の京都造形大学)中退

 

 

信楽の陶芸教室のアシスタント。

京都造形大学通信学部の陶芸科のアシスタントのちイギリスへ。
 
ロンドンにて自身の陶器ブランド を立ち上る。

 

現地アーティスト集団が活動するChocolate Factry studioに所属。

 

野外作品を手がける作家Lucy Smithさんの工房で制作活動。

 

ロンドンで屈指の日本食レストランzuma、rokaのレストランから依頼を受け制作。

 

イーストロンドン在住のアーティストのみが参加できるイベントLondon hidden artなどに

 

出展。

 

英国資産家が開催する白血病基金チャリティーイベントのための器制作。

4年半のイギリスでの制作生活、スペイン滞在を経て帰国。

 

京都美山や大原野にて、制作活動開始

 

2010年、大原野に開窯。(陶芸教室、自身の器を使ったジビエレストラン”ネスト”設立。

 

これまでの経験を生かし、また陶器、磁器、アイテムのジャンルを超えた作品の数々は、多方面から注目を集める。

 

 企業とのコラボ商品、レストランや個人オーダーの器なども手がける。

 

 テーマの一つとして陶磁器で照明やうつわの制作を通し癒し、安らぎのある空間全体のクリエイト